交通事故に遭ったら広島最大級の

広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

当事務所にて示談交渉を行った結果、交通事故の賠償金が約680万円アップ

 被害者は、会社員の子どもと同居生活しているパート勤務の60代女性。
 信号が青になり、被害者が原付バイクで交差点を進行していたところ、赤信号で停車していた相手方の車が左方から交差点内に進行してきて衝突。この事故により、被害者は鎖骨遠位端骨折、外傷性脾損傷の傷害を負いました(被害者の過失割合はゼロ)。
 被害者は事故後11か月ほど入通院し、事前認定の結果、肩関節の機能障害(12級6号)及び脾臓摘出(13級11号)により,併合11級の後遺障害認定を受けました。
 相手方保険会社は、被害者に対して、医療費等の既払い(約190万円)を除き、約450万円の賠償金を提示しましたが、被害者は、賠償額が妥当なのか知りたいとのことで、当事務所に相談に来られました。

 当事務所において相手方保険会社の提示内容を確認したところ、被害者は、パート勤務しながら家事に従事していたのに、逸失利益が全く計上されておらず、慰謝料も裁判基準と比較して少なかったため、被害者は当事務所に示談交渉を依頼し、当事務所にて相手方保険会社と交渉することになりました。 
 相手方保険会社は、脾臓摘出について労働能力喪失率・期間を低く捉えているようでしたが、当事務所は過去の裁判例や文献を踏まえて、脾臓摘出により感染防御能力が低下するといわれているなど、被害者の労働能力の喪失に影響を及ぼすことを主張した結果、最終的には、前記の既払いを除き、1130万円の賠償金(※約680万円の増額)を受領することができました。

■弁護士コメント
 兼業主婦で労働収入が平均賃金より少ない方については、賃金センサスによる平均賃金を基礎収入として逸失利益を計算することができます。
 また、脾臓摘出については、労働能力喪失の有無や期間を争われるケースもあるようですが,あきらめずに、きちんと主張しましょう。

後遺障害12級5号を獲得していた被害者 約444万円の増額

自動車に同乗中、対向車線を走行する相手方自動車がセンターラインを超えてきたため衝突した。弁護士をつけずに相手方保険会社と交渉してきたが、最終的な賠償提示額が妥当かどうか知りたいとのことで相談に来所された。
12級という重い後遺障害がすでに認定されていたこともあり、相手方と交渉の結果、約444万の増額をすることができた。

歩行中に二輪車と衝突 保険会社の提示額に対し580万円の賠償金増額

依頼者は路上を歩行中に、前方から走行してきた二輪車と衝突。左肩と左膝の関節に対する後遺障害が残り、後遺障害10級が認定されていた。
これに対し、保険会社から約680万円の賠償提示があった段階で、妥当な金額かどうか当事務所に相談があった。
顔の傷があったので、併合して上位の等級を獲得する手続きを行ったが、これについては認定されず、10級は変わらなかった。
ただし、10級を前提として当事務所による交渉の結果、最終的に約1260万円の支払いを約束させて示談することができた。
最初の提示額に対し、弁護士介入後の示談により約580万円増額した。
(※肩のほか、膝も後遺障害がある)

前方から衝突された 示談金63万円増額

依頼者は路上を歩行中に、前方から走行してきた二輪車と衝突。事故後半年で治療を中止したが、右肩痛が残り通院中。
当初、保険会社から47万円の示談金提案があったが、当事務所が保険会社と交渉した結果、63万円増額され、110万円での示談が成立した。

後遺障害慰謝料、逸失利益などを弁護士が見直すことにより、278万円の増額

依頼者は左肩鎖関節脱臼後の左鎖骨の変形障害等で、後遺障害併合11級認定後、保険会社から提示された賠償金額が妥当なものか確認したい、と来所。
後遺障害慰謝料と逸失利益などを焦点に交渉の結果、受任前より約278万円の増額により和解成立。

十字路で側面衝突 賠償金720万円を取得

依頼者は、十字路で一時停止を怠った自動車に側面衝突された。相手方保険会社の対応が不満で、当所に相談に来られた。
被害者請求を行い、後遺障害等級併合11級(左鎖骨の変形障害12級5号、左肩関節の機能障害12級6号)を獲得。相手方保険会社と示談交渉した結果、約720万の賠償金を得た。

センターラインを越えた車両と衝突。賠償金580万円増額で和解成立

依頼者車両が、センターラインを越えて進入してきた相手方車両と衝突し、依頼者は右肩と左足に機能障害を負った。通院段階から受任。
受任後、後遺障害等級併合9級と認定された。
当初、相手方保険会社から約620万円の賠償金が提示されたが、当事務所の交渉の結果、最終的に約1200万円で示談がまとまった(約580万円の増額)。

後遺障害非該当から、異議申立により、12級を取得。約480万円の増額にて和解

依頼者は、右肩腱板断裂にて後遺障害申請したところ、非該当とされたため、相談者自身で異議申立をしたが、今後の交渉を依頼したい、と来所。
異議申立の結果、12級13号の認定が取れたため、それを基に、家事従事者の逸失利益も含め賠償額の増額交渉をし、480万円強の増額にて和解することができた。

後遺障害12級、損害賠償金1000万円を取得

交通事故依頼者は原付で走行中、信号機のない三差路の交差点で右折してきた車と衝突。
右上腕骨近位端骨折に伴う右肩関節の機能障害・右下腿開放骨折後の右膝・右足の知覚低下などの症状が残ったため、後遺障害等級認定を申請し、上肢の機能障害(可動域制限)について12級6号、骨折部位付近の神経症状について14級9号の認定を得た。
保険会社と交渉した結果、示談が成立し、損害賠償金1000万円の支払いを受けた。

後遺障害12級 当初保険会社提示金額より600万円増額

依頼者は、バイクを運転中、車に衝突され、左肩甲などを骨折した。
当初保険会社より示談金500万円の提案があったが、妥当な金額かどうか分からなかった。
当事務所にて交渉を行い、最終的に1,100万円受け取ることで示談が成立。
600万円増額して受け取ることができた。

後遺障害併合10級。紛争処理センターのあっせん手続きを利用し,当初提示額より約1070万円増額

相談者は青信号の横断歩道を自転車で横断していたところ、右折してきた車にはねられ、後遺障害が併合10級として認定された。
これに対し、保険会社から約780万円の賠償提示があったが、金額に納得いかず来所。
当事務所で紛争処理センターのあっせん手続きを利用し、最終的な示談金額は約1850万円となった。

バイクまきこみ事故 示談金約82万増額

バイクで直進していたところ、前方を走行していた普通自動車が急に脇道を左折しようとしたために衝突(巻き込み事故)。転倒し左鎖骨遠位端骨折の傷害を負った(後遺障害は非該当)。
保険会社から提示された示談金額約34万円が相当なものかどうか知りたいとのことで来所。
改めて交渉をした結果、上記示談金額より約82万円増額された約116万円の金員を支払うとの内容で示談が成立した。

後遺障害14級9号 損害賠償金270万円で示談成立

車同士の衝突事故が起き、依頼者はバイクで通りがかった際に巻き込まれた。
治療段階から弁護士に依頼し、症状固定後に後遺障害14級9号が認定された。
治療が長期間にわたったため、傷害部分と後遺症部分にわけて示談を行い、結果、保険会社から物損については7万円、人身については270万円の損害賠償金が支払われた。

閉じる