交通事故に遭ったら広島最大級の

広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

ご予約・ご相談の流れ

交通事故相談票

初めてのお客様へ

無料法律相談までの流れをご案内いたします。事案を正確に把握し、的確なアドバイスを行うために、下記の注意点をご理解ください。

  • 法律相談は完全予約制で行っております。
    ご相談をご希望の際は、下記フリーダイヤルまたは、ご予約フォームよりお問い合わせください。

  • 原則、弁護士との面談形式でご相談に対応しております。

  • 個人の方のご相談は無料で対応しております。(相談時間: 1時間程度)
    企業法務のほか、個人の方でも事案によってはご相談料金をいただく場合がございます。詳しくは料金ページをご覧ください

お越しいただいたお客様の声

居心地のよい空間と時間でした

居心地のよい空間と時間でした

弁護士事務所を訪れるなど、後にも先にも初めての体験でしたが、受付の方をはじめとし、弁護士の先生も、とても判りやすくお話をして下さり、とても居心地のいい空間と時間でした。今まで描いていた弁護士事務所のイメージがかわりました。ありがとうございました。これからも何かあったら宜しくお願い致します。

事務所に入ったときの安心感

事務所に入ったときの安心感

約束の時間より早く着いたのに心よく受入れてもらえた。事務所に入った時安心感がある

良くきれいに掃除されている。お心遣いありがとうございました。

勇気を出して相談してよかった

勇気を出して相談してよかった

 

事務所の方には大変お世話になりました。最初はとても不安がいっぱいでしたがとても親切な対応で長い間ありがとうございました。とくに(事務員)さんには、こんな私でイライラされたと思いますが、最後まで親切な対応ありがとうございました。最後に勇気を出して相談して良かったです。ありがとうございます。

【電話予約】

ご予約専用ダイヤル

【オンライン予約】 24時間対応

Web予約フォーム

面談による法律相談までの流れ

1. ご相談内容の聞き取り

まずは、お電話またはメールにて無料法律相談をご予約ください。
ご連絡いただいた際に、受付の事務員が下記必要事項をお伺いいたします。
※メールの場合は、当事務所よりお電話を差し上げます。

  • 氏名(漢字・読み)・ご連絡先
  • 相談内容
  • 紛争相手の氏名(漢字・読み)

※既に相手の方から相談を受けている場合等、ご相談に対応できないことがございます。
相手方の氏名につきましても事前聞き取りにご協力お願いいたします。

2. 相談場所と日時の決定

相談場所を下記からお選びください。

<広島本部>〒730-0012広島市中区上八丁堀4-27上八丁堀ビル703
<呉支部>〒737-0051呉市中央2-5-2NSビル703
<東広島支部>〒739-0043東広島市西条西本町28-6サンスクエア東広島3-1
<福山支部>〒720-0067福山市西町2-10-1福山商工会議所ビル5階
<岩国支部>〒740-0022岩国市山手町1-16-10山手町ビル402

各事務所のアクセスはこちらをクリック

相談時間は下記の通りです。

  • 広島本部の相談時間: 月曜日9時~20時 火~金曜日9時~18時 土曜日10時~17時
  • 東広島・福山・岩国支部の相談時間:平日9時~18時
  • 呉支部の相談時間:平日13時~20時

※上記以外の時間帯でも対応可能な弁護士がいれば、相談時間を設けることが可能です。まずは、お問い合わせください。

※広島本部ではキッズスペース付きの相談部屋をご用意しております(1部屋)。ご希望の方は予約時にお申し付けください。

キッズスペース付きの相談部屋

3. 持参物のご案内

ご相談にお越しいただく際にお持ちいただきたい主なものをご案内しております。下記資料のうち、ご用意できるものをご持参ください。その他に相談内容と関連する資料があれば併せてご持参ください。
また、交通事故・離婚・借金のご相談の場合は、よりスムーズに対応するため、可能な方は相談票(借金は債権者(借金)一覧表)をダウンロードして印刷・ご記入の上、お持ちください。わかる範囲の情報で結構です。
なお、相談内容と関連する出来事を時系列に沿ってまとめたメモをお持ちいただけると、ご相談をスムーズに進められます。

<必ずお持ちいただくもの>

  • 顔写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポートなど1種類)
     ※顔写真付きの身分証明書をお持ちでない場合は、保険証、年金手帳など(可能であれば2種類)をご持参ください。
  • 印鑑(認め印でも構いません、シャチハタ不可)【契約(弁護士に依頼)する場合に必要。】

<分野別にお持ちいただくもの>

  • ○交通事故
    • 交通事故相談票(ダウンロードして印刷・ご記入ください)
    • 交通事故証明書
    • 事故現場地図
    • 写真
    • 診断書
    • 事故前3か月間の給与明細
    • 源泉徴収票
    • 領収書
    • 自動車保険証券および約款
    • 保険会社からの通知書など
    • 後遺障害診断書、後遺障害等級認定の通知書(後遺症が残った場合)
    • 修理の見積書(物損の場合)
  • ○遺言・相続
    • 相続関係図
    • 戸籍謄本
    • 遺言書
    • 相続財産の資料
    • 相続税申告書など
  • ○離婚
  • ○借金の問題
  • ○不動産の問題
    • 契約書(売買契約書、賃貸借契約書)
    • 不動産登記事項証明書
    • 登記済権利証
    • 固定資産評価証明書
    • 公図
    • 賃料の支払いを示す資料(賃料台帳、通帳など)
    • 現場写真など
  • ○消費者問題
    • 契約書、見積書、注文書
    • 重要事項説明書
    • クレジット申込書
    • 請求書
    • 領収書など
  • ○職場の問題
    • 就業規則
    • 労働契約書
    • 労働条件通知書
    • 解雇理由通知書
    • 直近3か月分の給与明細
    • タイムカードの写し
    • 残業時間を示す資料(手帳、メール)など
  • ○法人、事業者の倒産問題
    • 決算書(3年分)
    • 資格証明書
    • 会社定款
    • 就業規則
    • 資金繰り表
    • 法人・事業者の財産の資料(不動産登記事項証明書、通帳のコピー、生命保険証書、有価証券など)
  • ○裁判や調停を起こされた場合、内容証明郵便を受け取った場合
    • 裁判所から送ってきた書面
    • 相手方からの内容証明郵便 ※訴訟や調停の期日の間近になってから相談されると、期日までに準備が間に合わない可能性があります。できるだけ早めに相談してください。

4. 相談当日

相談日当日は、ご準備頂きました資料一式をお持ちになって、ご予約時間の10分前にご来所ください。相談が始まる前に、法律相談票をご記入いただきます。

電話による法律相談までの流れ

ご相談時間は20分程度です。

より良い解決のために面談(1時間程度/無料)をお勧めします。

  • ※利益相反チェックのために、お名前・ご住所・電話番号・相手方の氏名等の必要な情報をお伺いします。
  • ※無料の電話相談は、個人のお客様に限ります。事業者の方はご利用いただけません。
  • ※事案によっては法律相談に応じられないことがありますので、予めご了承ください。

相談料金

個人のお客様は、無料で電話での法律相談をご利用いただけます。
※通話料をご負担いただきます。

無料の電話法律相談をご利用いただけるお客様

  • 広島近郊に住居がある方
  • 広島近郊の紛争であること
  • 事業者でない、個人のお客様

※広島近郊とは、広島県・山口県・島根県・岡山県・愛媛県を指します。
※事案によっては面談をお勧めすることがあります。ご来所が可能な方、弁護士の出張費をご負担いただける方がご利用できます。

相談できる範囲

企業法務や企業の破産を除く、法律問題
企業法務など事業者様のご相談は、面談にてご対応いたします。

ご相談の流れ

1. まずは、下記ご相談予約専用ダイヤルへお電話をおかけください

ご予約専用ダイヤル

2. 電話相談前に必要事項をお聞かせください

ご連絡いただいた際に、受付の事務員が下記必要事項をお伺いいたします。 

  • 氏名(漢字・読み)・ご住所・お電話番号
  • 相談内容
  • 相手方など関係者の氏名(漢字・読み)

※既に相手方から相談を受けている場合等、ご相談に対応できないことがございます。
相手方の氏名につきましても事前聞き取りにご協力お願いいたします。

3. 相談日時の決定

  • 広島本部の相談時間: 月曜日9時~20時 火~金曜日9時~18時 土曜日10時~17時
  • 各支部の相談時間:平日9時~18時

※上記以外の時間でも対応可能な弁護士がいれば、相談時間を設けることが可能です。まずは、お問い合わせください。

4. 電話相談当日

予約時間になりましたら、予約時にお伝えした電話番号にお電話ください。
その際、電話相談である旨・予約時間・お名前・担当弁護士(予約時にお伝えします。)をお教えください。
弁護士によるご相談を開始します。
※電話相談中の通話料はご負担ください。

無料の電話相談時間は、20分程度です。事前に資料をご用意いただき、下記の相談票(借金は債権者一覧表)で相談内容をまとめておいてください。

閉じる