交通事故に遭ったら広島最大級の

広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

加害者が保険に加入していない!無保険事故の場合について

 交通事故は、「起こしたい」と思って起こす人はいません。ただそれでも、交通事故の可能性をゼロにすることはできません。
 交通事故の加害者の多くは被害者に対して真摯に向き合いますし、さまざまな補償もしっかり行います。

 しかし例外として、「保険に加入していない加害者によって、被害者が大きな被害を受ける」という場合があります。この「被害」は肉体的なものだけに限らず、精神的・金銭的な面にまで及びます。

 今回は、「保険に加入していない加害者によって、交通事故でけがを負わされた」という場合について解説していきます。

自賠責保険と任意保険

 車に関する保険は、大きく分けて以下の2つがあります。

 ・自賠責保険

 ・任意保険

 ひとつずつ解説していきます。

【自賠責保険について】

 「自賠責保険」とは、「自動車損害賠償責任保険」の略称です(ここでは「自賠責保険」の呼び方に統一します)。

 自賠責保険とは、車を持っている人間に対して加入を義務付けられたものであり強制加入です。これに入っていない場合(あるいは最初は入っていたが期間切れなどになった場合)、罰則規定があります。1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金が科せられるうえ、ここに違反点数の6点が加わります(免許停止処分となります)。たとえ交通事故を起こしていない状態であっても、このような罰則が科せられるわけです。

 このように重い罰則が科せられるのは、自賠責保険が「被害者に対する最低限の補償」を行うことを目的としているからだと思われます。

 自賠責保険に入っている場合、被害者がけがや死亡などを負った場合、最高で4000万円までの保証がなされます。また、葬祭費用や逸失利益もこの自賠責保険で補償することとなります。

 基本的に、「すべての車は自賠責保険に入っている」という認識で話が進められていくことになります。

【任意保険について】

 任意保険とは、自賠責保険のほかに、車を所持(あるいは運転)する人が入る保険です。任意保険の場合、自賠責保険では補償されないところまでをカバーしてくれるため、非常に便利です。

 たとえば自賠責保険では「被害者側が受けた人身への被害」は補償してくれますが、「被害者の車や物」「加害者側の人身被害」「加害者側の車や物」への補償はなされません。

 対して、任意保険の場合はこれらの3点も契約によっては補償してくれるため、万が一のときにも安心です。また、「被害者側が受けた人身への被害の補償」も、自賠責保険よりも任意保険の方が手厚くなります。

 日本は保険の加入率が極めて高く、全体の75パーセント近くは任意保険に入っています。また、残りの25パーセントのうちの13パーセント程度は「任意保険にこそ入っていないが、自賠責保険には入っている」という状態です。そのため、(本来は違法である)「まったく何の保険にも入っていない」という層は、全体の12パーセント以下にすぎません。自身が交通事故にあった場合、相手がまったく何の保険にも入っていないというケースはまれだといえるでしょう。

自賠責保険に入っていない状況で加害者となった場合、すべての支払いを自分で行う

 仮に相手が自賠責保険に未加入の状態で交通事故を起こした場合、被害者はどうなってしまうのでしょうか。

 実はたとえ相手が自賠責保険に入っていなくても被害者には自賠責保険相当の補償が行われます。
 政府保障事業というものがあり、被害者が受けた損害について、自賠責保険相当額の範囲で、国(国土交通省)加害者に代わって立て替え払いをしてくれます。
 これにより、最低限の補償はされるわけです。

 ここで、「国が肩代わりしてくれるなら、自賠責保険に入らなくてもいいや」と考える人も出てくるかもしれません。しかし当然このようなことは許されません。
 国はあくまで、加害者の代わりに立て替え払いをしただけですから、当然、被害者に支払った金額について、国は加害者に求償できることになります。

 このように、自賠責保険に入っていないと「すべての支払いを、最終的には加害者自身が行わなければいけない」という事実があります。自賠責保険に加入していれば規定されている上限までは支払ってもらえますし、それを超えた金額だけを加害者(あるいは加害者の加入している任意保険)が支払えばすむことになります。しかし自賠責保険に入っていないと、すべての損害について加害者自身が支払わないといけないことになります。

任意保険は契約次第だが多くの場合は「人身事故は無制限」になっている

 自賠責保険の加入は義務ですが、任意保険の契約は文字通り「任意」です。ただ、入っていた方が安心でしょう。

 任意保険は契約プランごとで「どこまで、いくらまで保証するか」が変わってきます。この「契約プランごとの違い」を見極めることが、「どの任意保険にするか」を選ぶときの大きなポイントとなってきます。

 ただ、ほとんどすべての任意保険では「対人事故の補償は無制限である」としているといえます。被害者が死亡した場合でも、また非常に重い後遺症に悩まされることになった場合でも、任意保険で補償することができるのです。このため、加害者自身の経済的な状況がどのようなものであっても、被害者側に対して万全の補償を行えます。命や健康は金銭では買えませんが、それでも、金銭で補償することでその人の生活や治療を滞りなく行うことができるようになります。

 また上記で述べたように、任意保険の場合は契約の内容によっては加害者側の被害も補償してくれます。

 自賠責保険は、車を扱う人間にとって入らなければならない義務です。自賠責保険に入っていない状況で交通事故を起こすと、加害者は大きな金銭的な負担を背負うことになります。
 保険は、被害者を守るためのものであると同時に加害者を守るためのものでもあるのです。

 なお、加害者が自賠責保険にすら加入していなくても、被害者は国からの補償がなされるので、最低限の補償はなされます。その点は安心してください。

閉じる