交通事故専門

交通事故に強い弁護士のロゴ

交通事故の慰謝料は増額できる?保険金の二重基準を分かりやすく解説!

山下江法律事務所


Warning: Undefined variable $author_position in /home/dtdsh/hiroshima-jiko.com/public_html/wp-content/themes/ym-zero/parts/single/single_post.php on line 41

交通事故の賠償金(慰謝料・休業損害・逸失利益など)は、弁護士が代理交渉することによって増額するケースが大半です。2~3倍になることも!

  • 保険会社提示金430万円が1,200万円に
  • 高齢者同士の死亡事故で1,100万円増額
  • バイク事故、裁判上の和解で1,100万円増額
  • 自動車と歩行者の死亡事故で1,000万円増額
  • 軽い事故でも被害者の主張が認められ30万円増額

増額するためには、保険会社との粘り強い交渉が不可欠です。依頼者に代わってその「交渉」をできるのは、弁護士のみです。
弁護士は裁判基準をもとに適切な賠償金が得られるよう示談交渉します。
弁護士が介入することにより、多くの場合は賠償金が増額しますので、弁護士報酬を考慮しても、弁護士不介入の場合に比べて、多くの賠償金を得ることができます。

アニメーションで解説

交通事故被害者に保険会社から支払われる保険金の算定基準には、保険会社が独自に用意した「保険会社基準」と、裁判所の判決や和解で決まる「裁判基準」があります。前者と後者との間には2倍前後の開きがあり、その差額は数十万円、数百万円、場合によっては一千万円を超えることもあります。
保険金の二重基準について、アニメーションで分かりやすく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

トップへ戻る
0120-7834-09相談予約専用なやみよまるく 9:00 - 18:00 ( 土曜 10:00 - 17:00 )アクセスウェブ予約