むち打ち

yama.png
むち打ちは、むち打ち・むち打ち症とも表記され、首が鞭(むち)のようにしなることで起こる様々な症状のことです。
むち打ちは正式な傷病名ではなく、傷病名として頸椎捻挫、頸部挫傷、外傷性頸部症候群、外傷部頸部捻挫、バレ・リュー症候群等と診断されます。

後遺障害の等級認定について


等級
認定基準
12級13号
局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号
局部に神経症状を残すもの

むち打ちの等級認定のポイント

むち打ちによる痛みや痺れを訴えても、「そのうち治る」とか「たいしたことはない」と言われてしまうことが多いため、「むち打ち」は後遺障害にならない、と考えられている方も多くいらっしゃいます。
確かに、むち打ちの症状は目に見えて明らかというわけではないので、簡単に後遺障害として認められるわけではありません。
しかし、適切な後遺障害認定手続を取れば、12級が認められることはありますし、14級が認められることはよくあります。
14級の認定を受けた方からご依頼をお受けして、異議申し立てをした結果、12級が認められるというケースもあります。
また、非該当とされた方のご依頼をお受けして、異議申し立てをした結果、14級の認定を受けることができたこともあります。
むち打ちの場合、神経症状を伴うかどうかが、等級認定の1つのポイントになります。
むち打ちで病院に行くとレントゲンを撮られて終わり、ということも多いのですが、そもそもレントゲン撮影は骨折などがないかを確認するものであり、後遺障害の立証には全くといって良いほど役に立ちません。
むち打ちの立証のためには、是非とも、MRIを撮る必要があります。
また、一口にMRIと言っても、その設備には性能の違いがあります。
さらに、撮影方法によって、異常が見つかるか見つからないが決まります。
また、自覚症状としては明らかに神経症状が出ているのにMRIでは異常なしと、診断されることもあります。
むち打ちの後遺障害を立証するためには、高度な設備がある病院で、かつ、むち打ちの後遺障害に精通した医師に受診することが望ましいのです。
お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

交通事故小冊子を差し上げます

当事務所では,交通事故で適正な賠償を受けるために必要な情報をA5版12ページにまとめた小冊子「交通事故で適正な賠償を受けるには」を無料で差し上げております。
ご希望の方は,お問合せフォームに必要事項を明記して送信してください。
jikohyousi.png jikonaka.png

交通事故相談は、山下江法律事務所までお気軽にお電話ください

tel.png

● HOME ● 弁護士紹介 ● 弁護士費用
● 解決事例 ● 事務所概要 ● アクセス

Copyright (C) 山下江法律事務所[広島弁護士会所属] All Rights Reserved.〒730-0012広島市中区上八丁堀4-27上八丁堀ビル703