賠償金額の基準に注意


yama.png
損害賠償額には、自賠責保険の基準、任意保険の基準、裁判の基準の3つがあります。 
保険会社から示談で提示される保険金(賠償金)は、1,2を基準にしていますので、裁判所の基準より低いことが多いのです
「保険会社の人が言うのだから、そうなのだろう」とお考えになられたり、「早く終わらせたい」というお気持ちは良く分かりますが、本来受けられるはずの損害賠償金が受け取れないことになりがちです。

 

1. 自賠責保険の基準


自賠責保険とは、全員加入しなければならない保険で、人身事故のみに適用されます。被害者の最低補償を行う保険ですので、この基準に従って損害額を算定すると低額になります。 

 

2.任意保険の基準


任意保険は、加入義務がない保険で、人身事故だけでなく、物損事故にも適用されます。損害額は、自賠責保険の基準と裁判基準の間で算定しますが、自賠責保険の基準に近いのが現実です。 

 

3.裁判の基準


実質的には裁判基準として運用されているものです。過去の交通事故に関する裁判の判例などを踏まえて、損害の内容ごとに基準が示されています。
実はこの裁判の基準は、一般に 自賠責保険の基準や任意保険の基準より高額なのです。

保険会社から賠償金額が提示されたら、まず弁護士に相談することをお勧めします。 
弁護士報酬を差し引いても、お手元に残る賠償金が増える場合がほとんどです。
詳しくは、「賠償金額の比較」へ
 
 
■マイベストプロコラム

・広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「交通事故保険金の計算方法に二重基準がある?

・広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「交通事故、【赤い本】とは何ですか。

・弁護士コラムvol.75 「自転車事故における損害の填補」 松浦 亮介

・弁護士コラムvol.79 「交通事故被害に遭って自動車が壊れたら・・・」 久井春樹

 

 

交通事故小冊子を差し上げます

当事務所では,交通事故で適正な賠償を受けるために必要な情報をA5版12ページにまとめた小冊子「交通事故で適正な賠償を受けるには」を無料で差し上げております。
ご希望の方は,お問合せフォームに必要事項を明記して送信してください。
 
jikohyousi.pngjikonaka.png

 

 

 

 

交通事故相談は、山下江法律事務所までお気軽にお電話ください

tel.png

 

● HOME● 弁護士紹介● 弁護士費用
● 解決事例● 事務所概要● アクセス

 

 

Copyright (C) 山下江法律事務所[広島弁護士会所属] All Rights Reserved.〒730-0012広島市中区上八丁堀4-27上八丁堀ビル703